お祝いの送り方

女性取引先のお店や事務所から自分の知人や友人の営むお店などが引っ越す場合に送るのが移転祝いとされています。そんな移転祝いを相手に送るときに気を付けておかなければならないことがいくつかあります。せっかくお祝いの気持ちを込めておくった移転祝いも送り方を間違ってしまえば相手を不快にさせることになってしまう可能性もあります。それを事前に防ぐためにも送る前に気を付けておくべき点を把握しておきましょう。

移転祝いで送るものとして定番だとされているのが胡蝶蘭などの花になります。しかし、花以外にも移転祝いとして送られる物の一つとして食べ物やカタログギフトや現金を送る場合もあります。カタログギフト券や現金は移転祝いとして何を送れば喜ばれるか迷ってしまうという方には移転祝いの贈り物としてぴったりなアイデアだと言えるのではないでしょうか。また。食べ物などを移転祝いとして送る場合には、事前に送り先の好みや人数などを聞いておく必要があります。

相手に贈り物をする際には基本気持ちが大事ではありますが、移転祝いを送る際にはマナーが存在します。一番気を付けておかなければならないこととされているのは赤色の物を送るべきではないということです。なぜ、このように言われているのかというと赤は「赤字」であったり火を連想するからであると言われていたりします。

 

・・・お祝いに蘭を選ぶ理由

お祝い送りの必要知識

胡蝶蘭移転祝いとして送るものを選ぶ際によく選ばれるのは胡蝶蘭という花になります。移転祝いは取引先の企業や友人から身内まで店の開業をする際に送られるものとされています。相手に喜んでもらえるようにするためにも、送る物はさまざまなことを考慮した上で送りたいものです。相手にお祝いする気持ちをきちんと伝えられるようにするためにも送る際に気を付けるべき点を確認することが重要になってくるのではないでしょうか。

見た目が華やかで特別感があふれるということから贈り物に胡蝶蘭を選ぶ方も多いです。お祝いとして送るものとして代表的なのは胡蝶蘭といわれていると紹介しましたが、移転祝いで必ず花を贈らなければいけないということではありません。胡蝶蘭などの花以外にもお菓子の詰め合わせなどの食べ物やギフトカタログを選ばれる方もすくなくありません。

これは花であってもそれ以外であっても共通して言えることですが、相手に送る際には気を付けなければならないマナーというものが存在します。その内の一つとして送るタイミングが挙げられます。送る期間は一般的には開業の前日から2週間の間が好ましいとされており、物を相手に送る際には必ず開店日など相手ことを把握した上で送ることをおすすめします

花の数から大きさまでさまざまな種類のある胡蝶蘭ですが、送る際には送る企業や店の広さなどを考慮して送るなど相手への配慮が大切です。ここではお祝いの気持ちをきちんと伝えられるようにするためにも知っておきたいマナーや胡蝶蘭に関する知識を紹介しています。この記事が贈り物に悩んでいる方に少しでも有益な記事となれば幸いでございます。

 

・・・お祝いの送り方